住宅ローンを検討中の方へフラット35のメリットやデメリットをご紹介

  住宅の購入を検討している方で、フラット35という言葉を知っている人は多いと思います。
しかし、具体的な内容まで知っている人は少ないのではないでしょうか。
そのような方の為に、フラット35のメリットやデメリットをご紹介したいと思います。
1、フラット35のメリット
①固定金利
フラット35の一番のメリットは、固定金利なことです。
金利が経済状況に左右されないので安心ですし、返済の計画も立てやすいです。
また、民間の住宅ローンに比べると審査が緩やかなので、自営業などの方でも借りやすいというメリットがあります。
②「団体信用生命保険」の加入が任意
フラット35は、「団体信用生命保険」の加入も任意なので、健康上などの理由で民間の住宅ローンが組めない人でも加入がしやすいです。
③繰り上げ返済の手数料が不要
民間の住宅ローンでは繰り上げ返済の際に手数料がかかる場合が多いですが、フラット35は手数料がかかりません。
2、フラット35のデメリット
①金利が下がっても返済額が変わらない
フラット35のデメリットは、固定金利の為、金利が下がっても返済額が変わらないことです。
さらに、金利は変動金利よりも若干高く設定されています。
②別に収入保証保険の加入が必要
民間の住宅ローンでは「団体信用生命保険」の加入が必須な為、金額がローンに含まれていますが、フラット35は任意加入なので、収入保障保険に別途加入する必須があり、その費用が別途かかります。
③繰り上げ返済出来る金額が高額
フラット35では繰り上げ返済の手数料は不要ですが、繰り上げ返済の金額は、インターネットで10万円、窓口では100万円以上からなので、こまめに繰り上げ返済したい人には向きません。
3、終わりに
フラット35は経済状況に影響されないので、安心してローンを組みたいという人に向いています。
フラット35を利用する場合には、メリットやデメリットを良く理解した上で契約するようにしましょう。 

フラット35のメリット、デメリット

  フラット35は全期間固定金利型住宅ローンです。住宅ローンを返済し終えるまで金利が変わらないので、経済情勢が変わっても安心感があります。

フラット35のメリットは先程説明した通り、最長35年、借入時の金利が最終支払いまで変わることはありません。毎月の返済額も変わらないので安心でき、将来へのプランが作りやすくなります。

フラット35のデメリットは、変動金利より金利が割高なことです。そのため、変動金利などより毎月の返済額が高くなってしまいます。仮に日本の金利が下がったとしても固定金利の場合は金利が一定ですので、返済額が変わりません。

銀行ローンとフラット35の違いは団体信用生命保険にあります。団体信用生命保険は、民間の住宅ローンでは通常金利に含まれているため、支払うことはないのですが、フラット35の場合は、機構団体信用生命保険に別に加入しないといけません。加入する場合は、借入残高に応じて特約料を住宅ローンの返済額とは別に毎年支払わないといけません。