女性は旦那の命よりもやっぱりお金が大事なのかな

  住宅ローンを市中の銀行から借り入れる場合は、一般的に団体信用生命保険に加入します。この保険は住宅ローンを借り入れた人が、保険料を支払うのではなく、銀行が保険料を負担するので、加入しておいて損は有りません。ただし元々ある種の持病がある人は、事前に保険会社に告知する段階で申し出ておく必要があります。また重大な疾患のある人は、団体信用生命保険に加入できません。この保険の特徴は、借り入れた人が死亡した場合に、残っている住宅ローンの残高が保険によって完済され、借り入れ残高がゼロになることです。借り入れ人が個人的に加入している生命保険に頼らずとも住宅ローンがなくなるのですから、残された遺族にとっては随分今後の負担が軽減されることになります。私は銀行で住宅ローンの窓口を担当していますが、住宅ローンの借り入れ人であるご主人の亡くなった奥様が一連の手続きのために来店されるのですが、最初は連れ添いを失った悲壮感を漂わせていますが、残っていた住宅ローンの残高が多かった人の奥様ほど、その後生き生きと表情が変わっていくのをリアルに見てきました。 

生命保険を活用するメリットとは

  住宅ローンを組む時に生命保険を見直しの話が出た方も多いと思います。住宅ローンと生命保険の関係は結び付いています。一般的に金融機関から住宅ローンを組む場合は、団体信用生命保険に加入が条件になってるところがほとんどです。団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済者が返済が終わっていない段階で死亡してしまった場合、余っている住宅ローンの返済分を全額返済してくれる保険です。簡単に言えば、金融機関からすれば住宅ローンを踏み倒されないようにするための保険です。残った遺族は、住宅ローンなしの家に住めるようになるので二方にメリットがある生命保険です。

住宅ローンで新たな生命保険に加入したことで今まで加入してきた生命保険の関係性を考えなければなりません。住宅ローンを返済する人は、家にとっては大黒柱であるわけですから亡くなってしまった時のことを考えて生命保険に加入している人も多いと思います。住居費や食費、光熱費、教育費などこれからかかってくるだろうお金を計算してこれくらいの生命保険に加入していたら将来大丈夫だろうと加入していると思いますが、先程説明した通り、住宅ローンを組む時に、団体信用生命保険に加入は絶対条件になっています。もし、住宅ローンの返済者が亡くなったとしたら住居費はいらなくなってしまいます。そういうことを考えると今まで加入してある生命保険を見直すことが必要になります。そうすることで、生命保険の毎月支払い分も削減され、家計の負担が楽になります。

生命保険を活用するメリットとして、団体信用生命保険を加入したなら、生命保険の要らない部分を削減して家計の負担を減らすようすることで、他の教育費やその他雑費にまわせるようになるので、生活が少しでも豊かになるので、生命保険をうまく活用することが必要です。