マイホームの予算について

  マイホームを購入するのは誰もの夢ですが、どの金額のものにするかはまず初めに決めなければいけないことです。マイホームを購入するとなると、住宅ローンを組むことが大半なので、きちんと返済できる範囲でなければいけません。住宅ローンは長ければ35年借りることができます。そのためまず自分の今の年齢から35年足してみます。もしも65歳や70歳を超えてしまうのであれば、35年の借り入れは難しいかもしれません。なぜなら定年退職している可能性が高いからです。退職後も払い続けるのか、それとも退職前に払い終えるのかを決めて、借入年数を決定します。
そして次は一年間にどれくらい返済が可能かを考えます。その際は今のアパートの家賃、現在の毎月の給料、毎月の支出を確認します。そしてボーナス月はいくらまでなら返済に回せるかを計算します。それによって、毎月返済が出来る金額、そしてボーナス月に返済が出来る金額がだいたいで決まると思います。その結果一年間に返済できる金額が決まります。ただし、現在の給料に基づいて計算しているわけなので、今後数十年後にはもっと稼いでいるはずです。しかし一方で子供がいるのであれば、高校や大学の入学時にはかなりの出費になることも想定されます。そういうことも念頭においておきましょう。
次に頭金でどれくらい準備できるかを考えます。頭金が多いほど借り入れなければいけない金額は減るので、無駄な利息を抑えることができます。頭金は多ければ多いほど良いと言えるでしょう。頭金は現在の貯蓄から考えます。貯金を全部崩してしまうとその後の生活が大変なので、数十万円程度にする人が多いようです。ちなみに、マイホームを購入した後は家具もそろえることになる人が大半なので、家具を買うお金は残しておきましょう。
このように、頭金+月々の返済可能額×借入年数で、およその購入予算が算出できます。あとはその予算に基づいて物件探しやハウスメーカー探しをしましょう。